2020年07月02日

新型コロナのため休館していた国立歴史民俗博物館が再開

千葉県佐倉にある、国立歴史民俗博物館(歴博)は、新型コロナウイルスのために、しばらく休館していましたが、6月30日に開館されました

年会費を払った、歴博の友の会の会員は、会員証を提示すれば、その有効期間の一年間は、入館料を払わずに歴博に入館できます。

休館中の分を延長した会員証が、歴博から送られてきていました。

その入館証をみせて入ろうとしたのですが、入館できる入り口は一か所に制限されていて、入り口を入ったところで体温をチェックされた後に、入館することができました。

休館中に、だいぶ展示内容に変化があったように感じたのですが、考えてみると、私の場合、歴博に入ったのは、今年になって初めてで、半年以上行っていなかったので、そのせいかもしれません。

IMG_0679.jpg

IMG_0680.jpg


(上のYouTube動画は、去年、歴博の第一展示室がリニューアルオープンしたときのものです)

ラビコンフォ[国立歴史民俗博物館 The National Museum of
Japanese History] http://blossam.sakura.ne.jp/rekihaku2.php



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
posted by 益城四郎 at 20:45| Comment(0) | 城址公園

2020年06月13日

四年前に全国あやめサミットが開催された佐倉城址公園の菖蒲田

千葉県佐倉の城址公園の菖蒲田でハナショウブが咲いています

IMG_0760.jpg

IMG_0759.jpg

上の写真二枚は、先週の日曜日に撮ったものです。

IMG_0778.jpg

この写真は、昨日の佐倉城址公園菖蒲田です。

でも、今年は、新型コロナウイルスのせいで、例年のようにあまり手入れがされなかったのでしょうか、いつもの年よりハナショウブの咲きぶりが劣っているような気がします。

毎年、六月上旬には、菖蒲田で佐倉城下町 佐倉菖蒲まつりが開催されますが、今年は中止になったようです。

なお、四年前には、佐倉市の城址公園菖蒲田が、全国市町村あやめサミットの会場になりました。 ⇒ ラビコンフォ[佐倉城址公園菖蒲田 菖蒲まつり] http://blossam.sakura.ne.jp/iris_sakura.php




千葉県ランキング


佐倉市ランキング

タグ: 城址公園
posted by 益城四郎 at 17:23| Comment(0) | 城址公園

2020年05月18日

「立てば芍薬、座れば牡丹」

昨日、ブログで、佐倉城址公園のボタン園のシャクヤクの花のことを書いた後、城址公園のボタン園に行ってみました。

ボタンの世話をされているSさんがおられて、ボタンはシャクヤクに接ぎ木をするんだとおっしゃっていました。

ボタンは、シャクヤクの根を台木にして接ぎ木するのが普通なんだそうです。

「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹(ボタン)」と言いますが、花が似ているだけではなく、両者にはもっと密接な関係があるんですね。

IMG_8726.jpg
こちらがボタン

IMG_0714.jpg
これはシャクヤク

ボタンは落葉低木で、種からだと花を咲かせるまでご5年から10年かかるので、同じボタン科の多年草のシャクヤクに接ぎ木するのが一般的だということらしいです。

ラビコンフォ[春の牡丹 Peony] http://blossam.sakura.ne.jp/peony_spring.php


千葉県ランキング


佐倉市ランキング



タグ:
posted by 益城四郎 at 21:46| Comment(0) | 城址公園