2020年03月28日

夜間頻尿が かなり改善

前立腺癌になってしまい、ホルモン療法を受けています。

口からのむ薬は、先月末からですけれども服用し始めていて、腹部への注射は、今月から、まだ一回だけです。
次回は、一か月後の四月に、二回目の注射になります。

このところ、夜にトイレに行くのは、二回か、三回程度です。
もう少し詳しく述べると、夜遅くに水分を多くとると、三回以上になることもありますが、夜にあまり水分をとらないと、トイレに行く回数は少なくなります。

以前は、夜に一時間に一回、場合によっては、もっと多くトイレに行っていました。
さすがに、これはつらくて、睡眠もあまりよくとれていませんでした。

夜に、二、三回程度なら、つらいという意識はほとんどなく、かなりぐっすり眠れている気がします。

過活動膀胱というのでしょうか、おしっこがしたくなると、尿意を我慢できなきなるという症状のほうは、まだあまりよくなっていません。



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
タグ:前立腺癌
posted by 益城四郎 at 17:58| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
頻尿改善方としてよく知られているのが、未だキャパがあること、放尿の必要が未だないことを脳に教える。そのためには自宅にいる時は襁褓をして我慢する。放尿量を目に見えてはっきりわかるように測る。例えば放尿限界量を400mlと決めて、それ以下の時は脳を叱る、量が少ないのに発信するな!と。何回か失敗すると思うのでオムツをしておく。水の流れで放尿したくなっても、これはウソまだまだ早い、と。1週間で改善するはず。泌尿器に問題がある人は勧めません。
Posted by 益喜三郎 at 2020年03月28日 19:23
アドバイスありがとうございます。
その通りしたいとは思いますが、それを実行したら、ズボンがおしっこでびしょびしょになってしまいます。下痢の時にトイレに行くのを我慢したらどうなるか、想像してください。(そこまでひどい状態にはならないでしょうが)
排尿を一度、そしてもう一度と二回程度は我慢することはできるのですが、それ以上はとても、とても・・・・・。
せっかくのアドバイスではありますが、前立腺がん患者には、ちょっと酷すぎます。
まあ、少しずつは尿量がふえているようなので、癌闘病生活と同様、気長にやっていくしかないかと・・・・・。
Posted by 益城四郎 at 2020年03月29日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: