2020年08月06日

前立腺癌で血液検査

前立腺癌のため、昨日、病院で血液検査と尿検査を受けました。

それから、前立腺癌が骨転移しているために、ランマークの皮下注射をしてもらいました。

前立腺の異常を示すPSAの値が、今年の二月中旬の血液検査では1000近くあったのが、前回の六月中旬には1.9、今回は1.0、正確には0.997でした。

PSAの基準値は4.0ng/ml以下ですが、基準値以下になっているのは、ホルモン療法(内分泌療法)の効果が出ているのだと思います。

癌が骨移転しているとALPの値が高くなるそうですが、前々回の血液検査では2369、前回は558、今回は基準値の100から325内の218になりました。

当初は貧血がひどかったのですけれども、今回は基準値が13.5-17.5のヘモグロビンが12.8、基準値39.7-52.4のヘマトクリットが38.6と、だいぶ基準値に近付いてきました。

前立腺癌とは関係ないのでしょうが、3.8から7.0の基準値をだいぶ超えてしまったのが尿酸で、今回は7.9でした。

尿酸が高いということは、痛風になる可能性が高いということで、七年間も痛風の痛みから遠ざかっていたのに、また痛風に見舞われるかも・・・・・。



千葉県ランキング


佐倉市ランキング

タグ:前立腺癌
posted by 益城四郎 at 20:57| Comment(0) | 日記