2020年05月11日

癌患者が食べたり飲んだりした方がいいもの

今回も個人的見解ですが、前々回のブログよりは、今回のほうが信ぴょう性が高いと思います。

癌には野菜や果物のジュースがいいというので、毎朝、ジュースを作って飲んでいます。
ニンジンリンゴ、ニンジンとオレンジ、それにレモンがあるときは、時々レモンを加えて飲んでいます。

自分でジュースを作るようになってから感じるのは、ファミリーレストランのドリンクバーのジュースが甘いということです。
なるべくなら、自分でジュースを作って飲んだほうがいいかもしれません。

ジュースといえば、ザクロジュースが前立腺癌に効果があるそうです。

それから、飲み物としては、アーモンドミルクが前立腺癌にいいそうです。
お茶もいいらしいです。

私の場合は前立腺癌なので、他には、大豆、ブロッコリー、トマトなどが前立腺癌のリスク軽減になるとのことです。

前述したニンジンも癌にはいいらしいですし、大豆、ブロッコリー、トマト以外にも、キャベツ、ニンニク、大根、小松菜などの野菜が、前立腺癌に限らず、癌一般の予防になるそうです。

私のように既に癌になってしまった者にも、効果があるのかどうかはよくわかりませんが、上記のような野菜には抗癌作用があるそうですし、野菜や果物には抗酸化作用があるので、積極的に食べたほうがいいんでしょうね。

結局、肉食中心の食事よりは、野菜中心の食事のほうが、癌に限らず体にはいいということのようです。

肉を食べるなら鶏肉のほうがいいし、は積極的に食べたほうがいいものだそうで、ナッツ類も健康にいいとのことです。



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
タグ:前立腺癌
posted by 益城四郎 at 21:31| Comment(0) | 日記