2020年05月06日

前立腺癌のPSA値が約二か月で四桁近くから一桁に

今日は病院に行き、血液検査を受けました。

二月中旬の最初の血液検査では、PSAという前立腺の異常を示す値が、986と四桁の1000近くもありました。
基準値は1桁の4.0以下ですから、非常な高さにびっくりしました。

2月28日からホルモン療法(内分泌療法)の薬を飲み始め、3月11日にニュープリンの第一回の注射、4月8日に二回目の注射を受けました。

4月上旬の検査では、二桁の40台まで下がり、そして今回は、一桁の8.4になりました。
まだ基準値の二倍以上あるわけですが、四桁の1000近くあったのが、約二か月で一桁になりました

もっとも、私の場合は、かなり前立腺癌が進行しているので、場合によっては二年くらいで、今の薬が効かなくなる可能性があるそうです。

また、今日は、前立腺癌が骨転移しているので、腕にランマークという皮下注射を受けました。
ランマークの第二回の注射は六月中旬になります。

それから、4月8日と昨日のブログでも誤解していたことがあって、4月8日のホルモン療法の二回目のリュープリンの注射は、24週間、効果が持続するものだったので、次回は九月以降ということになります。



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
タグ:前立腺癌
posted by 益城四郎 at 22:21| Comment(0) | 日記