2020年07月06日

富里スイカ:千葉県は全国スイカの名産地 第二位

千葉県は、日本のスイカの収穫量、第二位です。

ちなみに、第一位は熊本県で、第三位は山形県です。

IMG_0793.jpg

IMG_0796.jpg

千葉県のなかでも、富里と八街が主な産地で、昼と夜の温度差が大きいので糖度が増し、おいしいスイカができるとのことです。

富里も八街も、ここ佐倉の近くですが、富里へスイカを買いに行ってきました。

お世話になっている知人へスイカの配送を依頼し、自分の家で食べる分も買ってきました。

IMG_0794.jpg

IMG_0798.jpg

富里のご当地キャラクター、とみちゃんは、昨年、佐倉の隣町、酒々井で開催された、千葉氏まつりにも出ていました。

とみちゃんは、スイカの顔をしたゆるキャラです。





千葉県ランキング


佐倉市ランキング
posted by 益城四郎 at 19:44| Comment(0) | 日記

2020年07月02日

新型コロナのため休館していた国立歴史民俗博物館が再開

千葉県佐倉にある、国立歴史民俗博物館(歴博)は、新型コロナウイルスのために、しばらく休館していましたが、6月30日に開館されました

年会費を払った、歴博の友の会の会員は、会員証を提示すれば、その有効期間の一年間は、入館料を払わずに歴博に入館できます。

休館中の分を延長した会員証が、歴博から送られてきていました。

その入館証をみせて入ろうとしたのですが、入館できる入り口は一か所に制限されていて、入り口を入ったところで体温をチェックされた後に、入館することができました。

休館中に、だいぶ展示内容に変化があったように感じたのですが、考えてみると、私の場合、歴博に入ったのは、今年になって初めてで、半年以上行っていなかったので、そのせいかもしれません。

IMG_0679.jpg

IMG_0680.jpg


(上のYouTube動画は、去年、歴博の第一展示室がリニューアルオープンしたときのものです)

ラビコンフォ[国立歴史民俗博物館 The National Museum of
Japanese History] http://blossam.sakura.ne.jp/rekihaku2.php



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
posted by 益城四郎 at 20:45| Comment(0) | 城址公園

2020年06月21日

双子公園から印旛捷水路を往復

千葉県の佐倉市から北へ印西市に入ってすぐのところに、双子公園があります。

IMG_0790.jpg

双子公園には、ナウマン象の親子の像があり、印旛沼自転車道の休憩所にもなっています。

かつては一つだった印旛沼も、干拓がすすめられた結果、現在では、 北沼(北印旛沼)と西沼(西印旛沼)の 二つに分かれています。

その二つを結ぶ、印旛捷水路の西側を、印旛沼自転車道が走っています。

双子公園から、印旛捷水路に沿って、自転車道を北へ歩き始めました。

IMG_0781.jpg

山田橋の青い橋の下あたりです。

IMG_0783.jpg

市井橋の赤い橋を過ぎて、もう少し行ったところに、「ナウマン象発掘地点」の説明がありました。

IMG_0784.jpg

1966(昭和41)年に、印旛捷水路の掘削工事中に、ナウマン象の化石が発見されました。

頭、胸、足の骨がそろって発見されたのは、日本では初めてのことだったそうで、三万年前の化石で、復元されたナウマン象は、体高が2.17m、体長が3.4mであるとのことです。

京成スカイアクセス線の橋梁が見えるあたりで、印旛捷水路にかかる橋を渡りました。

IMG_0786.jpg

そこから、印旛捷水路の反対側の道を、南に引き返しました。

道は山田橋へと登り勾配になり、橋を西側に渡りました。

山田橋の上から、北方面、京成スカイアクセス線の方を見て撮った写真です。

IMG_0787.jpg


そこまでは、まあ順調だったのですが、印旛捷水路の西側の自転車道に降りることができず、道を迷いながら、なんとか双子公園にたどり着きました。

IMG_0790.jpg

双子公園から見て、西印旛沼の方へ太陽が沈みかけていました。

IMG_0791.jpg

以上、昨日、2020年の夏至の一日前の話です。

ラビコンフォ[印旛沼] http://blossam.sakura.ne.jp/inba_kita.php



千葉県ランキング


佐倉市ランキング
タグ:印旛沼
posted by 益城四郎 at 16:01| Comment(0) | 日記